代表・竹内克がウェリントンU15代表のコーチを務めました

先日、ウェリントンラグビー協会のディベロップメントオフィサーより要請があり、ウェリントンU15代表のセレクションキャンプにコーチとして参加しました。1日目はウェリントン州から集められたU15代表候補選手の合同練習。そして2日目は代表セレクショントライアルマッチが行われ、将来、ウェリントン、そしてニュージーランドを担うであろう有望選手がしのぎを削りました。いつも思うのですが、ニュージーランド選手は、練習では、ミスも多くスキルもそれほど高くないように見えても、試合になると目を見張るほどの好プレーがさく裂します。コーチとして大変楽しませていただきました。また、各方面の専門家による講義では、今後代表選手となるための生活指導も行われ、非常に興味深いものでした。この年代から、地域の代表としての心構え、そして意識をもたせる、、、ニュージーランドのジュニア育成、大変興味がある分野で、毎回学ぶことばかりです。