【NZコーチング日誌】試合後のインタビュー

o0480027013763443201Mitre10 Cup Heartland championshipでは試合直後に、新聞社からインタビューを受けます。最近の悩みは、このインタビューで的を得たコメントをすることが難しい、、、ということ。
インタビューの内容は、その週の新聞に試合のレビューとして掲載されるのですが、だいぶ慣れてきたとはいえ、敗因、勝因、そして次の試合の改善点などを質問されて的確に答えるのは本当に難しいです。
自分は、試合後もそうですが試合中もチームのSWOT分析を常に行う癖があります。もう何年も前のNZラグビー協会のセミナーでSWOT分析について教えてもらい、それからずーっと続けているこの分析スタイルは体に染み込んでいて、SWOT分析で前回から上達してる点と次回改善しなければならない点を取り上げ、ハーフタイムや次の週のミーティングで選手に伝えています。
また、試合後の分析では、コーチ目線よりも実際にプレーした選手目線でのフィードバックを重要視しているので、すぐにチェンジングルームに向かい、選手とコミュニケーションをとるようにしています。特に大切にしている時間は、試合後のアフターマッチでの選手との会話。リラックスした時間の中での雑談は、選手たちの本音を聞くとてもいいチャンスで、その中に次回の改善点に関するヒントが多く隠されています。
そんな大切な時間に新聞社からインタビューを受けることが多く、いつもまとまらずに話しているため、インタビューが終わってからいろいろ反省しています。事前にメディア用のコメントを準備しておけばいいのかもしれませんが、、、ほんと苦手ですね(泣)。
SWOT分析:
Strength(強み)
Weakness(弱み)
Opportunity(チャンス。自分達の強みと相手の弱みを考えた上で)
Threat(脅威。相手の強みと自分達の弱みを考えた上で)
x

【NEWS】2018年夏休み中学・高校ラグビー留学 申し込み受付開始