2017年高校ラグビー留学フォトギャラリー

2017年3月から8月までの5ヶ月間のカレッジラグビーシーズンに、流経大柏高校から3名、智翠館高校から1名がウェリントンカレッジにラグビー留学しました。流経大柏高校の當眞選手と土居選手は、シーズン開始からファーストXVに選出され、シーズンを通してクライストチャーチボーイズやヘイスティングボーイズなどの強豪カレッジと試合をしたり、各地に遠征し伝統の大会に出場したり、ハリケーンズの前座として試合に出場したり、ウェリントンカレッジの最高峰の大会・プレミアシップでは決勝にまで進出し、惜しくも準優勝にとなりましたが、その後のハリケーンズTOP4の大会にも出場しました。星野選手はシーズンを通して毎試合トライをあげチームの信頼も厚く、Onslow Cup優勝に貢献しました。惜しまれながらシーズン途中で帰国した智翠館高校の武内選手は、帰国後すぐにU17日本代表に選出され日・韓・中交流競技会に出場しました。留学の最後には、ウェリントンカレッジラグビーより、「彼らからたくさんのことを学ぶことができ、ウェリントンカレッジに大きな貢献をしてくれた」と留学生の活躍が絶賛されました。當眞選手、土居選手、星野選手、武内選手の帰国後のさらなる成長と活躍を心から応援しています。

 

x

【NEWS】2018年春休み中学・高校ラグビー留学 申し込み受付開始